読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンストラクタで例外を投げていいのか?

コンストラクタで例外を投げていいのか?

自分はコンストラクタで例外を投げる派。

これはオブジェクトを生成する条件を満たしていないのであれば、
そもそも生成させないようにしたいから。

golang で書くとこんな感じ。
golang は例外ないから error を返してるだけだけど・・・。

obj, err := NewObj()

以下のように Valid でチェックするのはあんまり好きじゃない。

obj := NewObj()
err := obj.Valid()

とはいえ、任意のタイミングで Valid() かけたいケースもあるので、
「Valid() 自体を定義したくない」ということではない。
あくまでコンストラクタでオブジェクトを生成できないケースでは
例外を投げたい(生成できないようにしたい)というだけ。

ちなみに、ActiveRecordとかはこのパターンだから、これに従って実装します。
そこをオレオレルールにするとかはNGな気がする。

で、「コンストラクタで例外投げる」についてググると結構記事が出てくる。

以下によるとJavaでは Fileがコンストラクタで例外を投げるらしい。
http://d.hatena.ne.jp/pasela/20061129/1164947268

たしかに投げてる・・・。
http://docs.oracle.com/javase/jp/7/api/java/io/File.html#File(java.net.URI)

ということで、
その言語のコアなパッケージとか確認して、
コンストラクタで投げているのであれば、
投げていいんじゃないかな・・・・。

っていうなんとも微妙な結論になった・・・。

twitterで以下のコメントをいただきました。